0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ヨガアライアンス講座数 修了者数No.1

アンダーザライトヨガスクール

ヨガアライアンスQ&A

Q.今、モジュール式の300時間を受講していて、2020年最後の期間の卒業予定ですが、その時の登録方法は新しいスタンダードでの登録でしょうか?

A.すでに認定に向けてトレーニングを受けている方は、スタンダードが変わることで登録できないということは起きません。今のまま(現行の方式)で大丈夫です。
ただし、新スタンダード開始後(2020年2月以降)に始まるトレーニングに関しては、新しいスタンダードに基づいたものである必要があります。

ヨガアライアンス


Q.今回スタンダード変更の背景に、何か国際的な要因もあるのでしょうか?
(例えばインドとの関係など…)


A.グローバルな視点ももちろんありますが、今回の変更の最大の理由は、それぞれがしっかりと説明責任を果たし資格をより根拠のあるものにしようというのが一番です。
ヨガアライアンス側は「200時間はこういうものです」という説明責任を、カリキュラムを提供する認定校側は「こういうカリキュラムでちゃんとやっています」という説明責任を果たす必要があるということです。
200時間はベーシックな内容であって、専門的なクラスを行うには不十分です。そして現在のスタンダードで、200時間をしっかりやっている学校が一体どのくらいあるのかという現状を見て、今回このような変更に至りました。


Q.オンラインのプログラムに関してです。
内容はスクールから配信でしょうか?
それともヨガアライアンスから(特定の内容のコンテンツ)が配信されるのでしょうか?


A.スクールからです。

ヨガアライアンス


Q.すでに資格を取得している人に関して。
資格所得者のレベルや質を合わせるのであれば、今自分が新スタンダードの求めるレベルに達しているのかどうかを、確認する必要があるのではないでしょうか?


A.現段階では自分のレベルを確認できるようなものはありませんが、今後ウェブサイトを更新するタイミングでそのようなものも提供していきたいと考えています。
これから用意しようと考えている様々なアイデアの一例ですが、例えば新しい教育のシステムを誰かが作ったらそれをメンバーの皆さんにシェアしたり、世界中でうまくいったトレーニングなどがあればウェブサイトを通じて共有していきたいと思っています。すでにヨガの先生と専門家のチームがオンラインでベストプラクティスというものを作っている最中です(2020年2月までには公表する予定です)。
他にも色々な特典やサポートを予定しています。今後のお知らせを楽しみにしていてくださいね!


Q.200時間を人と人とが接している時間にするということですが、それは外に教えにいく時間(リードトレーナーと接する時間ではない)も含まれますか?

A.含まれません。
学校の先生と直接会っている時間というのが200時間、他に行って教えたりするのは宿題の時間というような考え方です。例えば大学では、単位を取得するためにはスクーリングしますよね?それ以外の課題や自分で本を読んだり学びを深めるのは、自主学習、宿題の時間という考え方です。

ヨガアライアンス


Q.(内容がしっかりしていない学校も沢山あるので)スタンダードの変更はすごくいいと思いますが、どのように(要件を満たしているのか)実際に確認していくのでしょうか?
(例えば、200時間中150時間リードトレーナーが在籍しているかなど。)


A.認定を受けようとするプロセスの中で、学校側から誰がリードトレーナーであるか、またそれぞれの保有している資格を提出する必要があります。
ヨガアライアンス側の資格チームがそれらの資格がどういうものなのかを確認していきます。そして今後コミュニティー内に監査、クオリティーコントロールができるようなシステムも作っていきたいと考えています。
ヨガアライアンス側はこれから、上の立場から説明責任を負いなさい!というトップダウン形式の組織ではなく、コミュニティー内からメンバーの声を聞いて必要なサポートしていけるような、ボトムアップ形式でみなさんの継続的な学びをサポートしていく存在になりたいと考えます。


Q.今、日本ではスタジオ勤務を望む場合、RYTを修了したかどうかが大切で登録しているかどうかは、あまり重視されていないように感じます。
また、一度登録をしてもあまりメリットがないので、更新しないという人も多いです。
今後登録の有無や、更新に関してのチェック体制もお考えでしょうか?またその場合の方法は?


A.まず現時点でも登録をされていない人は、資格やプロフィールに“ヨガアライアンス”や“RYT”といった記載はできません。
すでにお話ししたように、抜け道となってしまっている状況を変えるためにこの新スタンダードが作られたので、今後ヨガアライアンスとしては登録時から現在に至るまで、そして現在もその資質を有しているかということも合わせてチェックしていきます。その方法については現時点でお話しできませんが、この先必ずそのようなチェック体制も構築していきます。
これから先の話ですが、それと同時にメンバー特典も充実させたいと考えています。ダニーの部署がまさに今それを準備しているところです。ほんの一例ですが、ヨガウエアやグッズ(マットやプロップス)、ヨガ保険などの割引や、世界中のヨガの求人情報などもメンバーの皆さんにシェアしていきたいと考えています。
みなさんからもこんなサポートがあったら嬉しいということがあればどんどん提案してください。例えば、このヨガウエアブランドの割引があったら嬉しいといったことでも構いません…。(笑
(会場一同、期待感が高まり思わず笑みがこぼれていました!)


 

 

新スタンダード導入においてのまとめ

▶ヨガティーチャーに与える影響


〈これから資格を考えている方〉
・RYT200・RYT500・E-RYT200・E-RYT500の登録申請時に必要とされるアプリケーション項目が増える

・教室で学ぶ(対面形式で学ぶ)時間数が増える

・能力項目が定義され、それを評価される


〈すでに資格を取得している方〉
・RYT200=ファンダメンタル(基礎)レベルの先生と、RYT500=アドバンス(専門的な)レベルの知識を持った先生が明確に定義され、区別されるようになる

・E-RYT200では、リードトレーナーとしての登録はできなくなる。(TTの一部に携わることは可能。)RYT200のリードトレーナーとして登録を希望する場合はE-RYT500を取得する必要がある

・“資格を取得して終わり”ではなく、学びを継続し知識や指導レベルの向上に努めること、資格に値する実力を伴っていることが重要視されるようになる


▶ヨガスクールに与える影響


・RYS登録申請時に必要とされるアプリケーション項目が増える(現在3項目→新スタンダード20項目)
※生徒の学ぶ環境を整えるため(現在は時間、リードトレーナー・どういう教育項目があるか。今後はどういう目的でやるのか、カリキュラム、スケジュリングについ…など。)

・全てのスタジオが新スタンダードになる2022年2月までに、登録校として全ての基準を満たす状態にする必要がある(カリキュラムなどの見直し、広告内容や印刷物ウェブサイトの改定などスタンダード改正に伴う全ての作業を含める)

・オンライン学習を導入する学校は、配信コンテンツを作成する

・現E-RYT500を取得しているリードトレーナーがいないスクールの場合、これから新たに取得を目指すか、すでに取得済みの人に登録を変更する必要がある

・リードトレーナーのクラス在籍時間変更により、現在リードトレーナー一人体制のスクールはリードトレーナーの負担が増大する(今後のスクール運営について見直しが必要となる)

・能力項目を満たすカリキュラムを作成し、しっかりとした評価体制を作る

・倫理的コミットメント・ヨガの平等性の観点から、お金があるスクールだけがT Tを提供できるものではなく、要件を満たしていれば誰もができるものになる

・スクールとして、きちんとしたレベルのヨガティーチャーを育成しているという説明責任を果たすことが求められる

ページトップへ