0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ヨガアライアンス講座数 修了者数No.1

アンダーザライトヨガスクール

ヨガアライアンスの資格について

YACEP:Yoga Alliance Continuing Education Provider® 継続的学習


YACEP

継続的学習とは、新しい知識を調べる、研究する、体験する、などの学習を指します。
また、3年に一度のYA登録更新時に必要な継続的学習の30時間の内最低10時間は認定された継続的学習提供者(YACEP)と同じ空間にいる状態で受けた教室内での受講時間である必要があります。(Contact Hour)
受講内容はYAによって定められている学習項目の何かと直接関係する内容に限ります。
下記の何かの学習の一時間はContact Hourの一時間として認められます。


・ワークショップ(単発のものでもシリーズものでも)
・講座
・ディスカッションや研究会
・ヨガティーチャートレーニング

30時間の内最大20時間までは教室外、もしくは認定された継続的学習提供者のいないところでの学習の時間を含めることができます。(Non-Contact Hour)
学習内容はYAによって定められている学習項目の何かと直接関係する内容に限ります。
下記の何かの学習活動の一時間はNon-Contact Hourの一時間として認められます。

・本や記事、動画を見る
・ウェブ上のセミナーに生徒として参加、もしくはオンラインコンテンツや教材を使った通信教育などの講座受講
・目の前にいない人からのメンタリングを受ける
・公的に発信しているコンテンツの作成(例:ニュースレター、CD、DVD、新聞、雑誌、オンラインコンテンツ、など)
・生徒への配布用の資料の作成
各RYTは各学習活動から何を学び、それが学習項目とどう関係するのかを説明する感想文もしくは要約を記述して提出する必要があります。

Contact Hourを提供することのできる継続的学習提供者(YACEP)は下記の何かの必要条件を満たしている者です。

1. 現在YACEPとして登録されている
2. 現在登録されているE-RYT
3. 指導している内容(YA学習項目である必要がある)において関連する学位、認定を取得している、もしくはそれ相応の教育を受けており、その内容の指導経験を最低500時間積んでいる、及びまたは、その内容で2年相当の実務経験を積んでいる者

ヨガアライアンスはYACEPとして登録されていない提供者からの学習についてはその提供者が有資格者であるかどうかを確認するために追加で資料提出を求めることができる。

ページトップへ