0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ヨガアライアンス講座数 修了者数No.1

アンダーザライトヨガスクール

アンダーザライト(UTL)の指導法スキルアップ講座

対象やシチュエーションにふさわしいヨガクラスを提供するための指導法スキルアップ講座です。
*指導法スキルに特化するため、『シークエンス作成の理論』、ヨガ指導に最も大切な『YOGA哲学』は含まれません。
*シークエンス作成の理論・YOGA哲学を学びたいかたは、UTLのRYT200コースをご受講ください。学び直しのための特別プランもございます。

UTLの以下4つの指導法スキルアップ講座は、流派にかかわらず“YOGA指導者”として必要な学びを提供しています。
*流派ごとの指導者養成コースは、それぞれの流派の特徴と指導法を学ぶコースです。
例)陰ヨガ指導者養成コース、アライメントヨガ指導者養成コース等は“流派“の指導法コースです。


~4つの指導法スキルアップ講座~

*①から順に受講することで理解がより深まります。

  

①『YOGAベーシック指導マスターコース』

ティーチングテクニックの徹底確認
新人講師にはアウトプットに自信をつけるために必須なコース。
経験者にはブラッシュアップ講座としてお勧め。
*UTL推奨のシークエンスを使用します
*シークエンス作成の理論は含まれません

参加条件:
・ヨガの基礎の学びを終えている(RYT200相当)
・ヨガインストラクターおよび、ヨガクラスを開催している人

  
  

②『ビギナークラス指導者養成コース』

実は指導の難しい、ヨガ経験の浅い生徒への指導方法に特化したコース。
YOGAの楽しさに気づいてもらうためのアイデアや、言葉がけ、継続して参加したくなるクラス作りについてをマスターします。

参加条件:
・ヨガの基礎の学びを終えている(RYT200相当)
・ヨガインストラクターおよび、ヨガクラスを開催している人
・シークエンス作りができる

*こちらはRYT500必修講座です。

  
  

③『シニアヨガ指導者養成コース』

ヨガクラス開催で要望の高い、シニア向けヨガクラス指導に特化したコース。
UTLではアンチエイジングや単純な体操ではなく、「シニア世代に誇りと豊かさと変化できる喜びを」テーマにした指導法を学びます。

参加条件:
・ヨガの基礎の学びを終えている(RYT200相当)
・ヨガインストラクターおよび、ヨガクラスを開催している
・シークエンス作成ができる

*こちらはRYT500必修講座です。

  
  

④『Practicum~プロフェッショナルな指導法を学ぶ』

クラスのテーマにあわせた指導方法をマスターするコース。
伝えたいテーマをいかに伝えていくかは、ワンランク上の指導を目指すインストラクターには重要な課題です。
指導スタイルの確立にも役立つスキルアップコース。

参加条件:
・ヨガの基礎の学びを終えている(RYT200相当)
・ヨガインストラクターおよび、ヨガクラスを開催している人
・シークエンス作成ができる

*こちらはRYT500必修講座です。

  
ページトップへ