0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ヨガアライアンス講座数 修了者数No.1

アンダーザライトヨガスクール

【RYT500選択講座】2021/2/11(木)鈴木修一郎/ヒップオープナー~ストレスのない股関節へ導く『アーサナで身体を最適化へ導くシリーズ①』

¥3,900 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
*修了証が発行されます。
*ヨガアライアンス500時間コース選択講座として2時間の単位を加算できます。


日時/Dates


2021/2/11(木祝) 12:30-14:30


内容/Content


リクエスト開催!こちらの講座は2020年11月開催の完売講座をリクエスト開催することとなりました。
『アーサナで身体を最適化へ導くシリーズ』として2021年開催します。

股関節を柔らかくしようとして、関節に寄りかかるようにして無理に可動域を拡げようとしていませんか?
柔軟性を求めるあまり、股関節周囲の筋肉が上手く使えず、快適性、安定性の欠如を引き起こしていませんか?
股関節を動かすといつもポキポキ音が鳴ったりしていませんか?

この講座では、股関節に関わる筋肉の使い方と、腰椎骨盤リズムについて学びます。
股関節のスムーズな連動のリズムを理解して、実践することにより、代償動作の改善へと繋げていくことで、さまざまなアーサナが安定して快適なものになるでしょう。


最大の関節:股関節を知る。
骨盤内に3種類4個、骨盤周囲に2種類3個の関節が存在しますが、その中でも股関節は最大の関節であり、矢状面、前額面、水平面それぞれの運動面に対して大きな可動性のある臼状関節です。
ヒトの身体において四足動物と比べて最も大きく変化した部位とも言われていて、座位、立位、後屈、前屈、捻り、バランスなど、さまざまなアーサナに密接に関わっています。

身体のあらゆる部位はその役割を最大限に果たすために作られていますが、股関節において最も重要な役割は直立姿勢と二足歩行です。その可動性ゆえに、最適な動作パターンから「ズレ」ること(代償動作)も多い部位でもあります。
例えば、股関節伸展への動きのパターンが間違って記憶されていると、身体はその可動域を他の関節から奪ってしまうのです。腰部や下背部にこのケースは見られ、腰へのストレスは増大します。
ストレスのない股関節の使い方をぜひ学びましょう。


持ち物


・ヨガウェア、または動きやすい服装
・筆記用具


参加対象


柔軟な股関節にあこがれている。
股関節の仕組みを知りたい。
ヨガの練習や指導に役立てたい。


場所


アンダーザライト ヨガスクール


料金/Fee


3,900円(税込)
*受講料はオンラインでのクレジット決済のみとなります。
UTLコミュニティメンバーにご登録でない場合は、別途登録料1,000円が必要になります。
*メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。



講師プロフィール/Bio.


鈴木修一郎
ページトップへ