ヨガ > スクールからのお知らせ一覧 > 【新刊】ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 後編 (YOGA BOOKS)

【新刊】ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 後編 (YOGA BOOKS)

ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 後編 (YOGA BOOKS)
ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編 (YOGA BOOKS)


購入方法


UTL受付、AmazonUTLワークショップ予約センター(販売予定)で販売しています。




内容紹介


成瀬貴良先生の『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の後編です。

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー・後編』は、第Ⅲ章ムドラー編、第Ⅳ章はラージャ・ヨーガ編となっています。
アーサナやプラーナーヤーマと違って、ハタ・ヨーガにはムドラーとラージャ・ヨーガという聞きなれない方法があります。
ムドラーにはどのような種類があるのでしょうか。危険ではないのでしょうか。
そして、身体を使うハタ・ヨーガも最終的にはラージャ・ヨーガつまり、サマーディへ入ります。
ここではナーダ・アヌサンダーナという音を聞く方法が紹介されています。



著者について


成瀬 貴良(なるせ きよし)

東京生まれ。東洋大学インド哲学科卒。ヨーガ・サンガティ主宰。YLS代表。
田原豊道氏、藤田鳳子氏、西山登志正氏らに師事。元産経学園・NHK文化センター・よみうり文化センター・池袋コミニュティカレッジ講師。著書に『いまに生きるインドの叡智』、善本社・1999年 『シヴァーナンダ・ヨーガ』善本社・2001年、最新刊『ヨーガ事典』がある。
1990年より、ヨーガ・サンガティにおいて、『いまに生きるインドの叡智』、『シヴァーナンダ・ヨーガ』、『バガヴァッド・ギーター』、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』『ヨーガ事典』『グル・タットヴァ』などの講義を行う。1997年、産経学園において、「ヨーガの歴史と哲学」「インド神話とキールタン」などを担当。2005年、早稲田オープンカレッジの「ヨーガ」担当。

シヴァーナンダ on Twitter (成瀬貴良 撰・訳)
http://twitter.com/sivananda_jp

PAGE TOP

最近のエントリー

検索