ヨガ > ヨガインストラクター養成 > アンケート調査(ヨガインストラクター養成コース)

ヨガインストラクター養成コースでアンケート調査を行いました。

アンケート概要

ヨガインストラクター養成講座の参考資料としてTT受講生を対象にアンケート調査を行いました。

対象:TT1, TT2, TT3, ATIC, AMIC, AKIC受講生

回答者数:109名

期間:2011年1-6月

集計結果

(1)年齢

「週末を利用しながら無理なく取得できる日本初のプログラム」であるUTLのヨガインストラクター養成講座には、働き盛りの年齢の方が多く参加してくださっています。
*アンケート期間以外に50代、60代の方もいらしています。


(2)性別

男性の方が1割以上いらっしゃいます。男女ともに通いやすい雰囲気になっています。

(3)ヨガ歴

ヨガ歴が1年未満の方が約3割いらっしゃいます。初心者が学びやすいというUTLのヨガインストラクター養成講座の特徴をよく表していると思います。
(多くの短期集中コースは、ヨガ歴2年以上を受講条件にしているところが多い)

(4)職業

会社員の割合が40%もいます。ほとんどのプログラムが週末に開催されるため、仕事を休まず(留学不要)にヨガアライアンス認定取得が可能である本養成講座の特徴がよくでているでしょう。

またヨガ、スポーツインストラクターの方も合わせて17%もいらっしゃいます。各分野の専門講師が講義を担当していることを、多くのプロが認めてくださっています。

まとめ

以下のようなUTLのヨガインストラクター養成講座の特徴が反映されたアンケート結果になったと思います。

・初心者が学びやすい(多くの短期集中コースは、ヨガ歴2年以上を受講条件にしているところが多い)
・留学する必要がない(費用が大幅に軽減)
・各分野の専門講師が講義を担当
・講義は日本語または通訳つきで実施、日本語のテキストを使用
(母国語での受講は、哲学、解剖学などの理解も深まる)

ヨガインストラクター養成コース卒業生の声




*UTLは「米国ヨガアライアンス」実績No.1の正式認定校(RYS 500)です。

PAGE TOP