ヨガ > ヨガインストラクター養成 > UTL卒業生インタビュー > UTL卒業生インタビュー VOL.42 山田梨香さん
山田梨香

ヨガを始めたきっかけを教えてください。

NYに住んでいた頃、老若男女だれでも、好きなように好きなところで好きな格好でヨガをしている姿を見かけ、型にはまらないその姿に興味がわきました。
その後、ヨガのクラスを受けたときにまるで絡まった糸が解れていくような感覚を体におぼえ、ついでに心まで温まったのが印象的でした。
それに加えて、NY,シカゴでは無料ヨガイベントがたくさんあったことかな。笑

ヨガインストラクター養成コースを受講した理由を教えてください。

ヨガのクラスを受けていたときに、もっとポーズをきちんと勉強したいと思うようになり、当時通っていたクラスの先生に相談したところUTLのTTを薦めてくださいました。

UTLのTTを選んだ理由は?

週末開催だったこと、当時の(乳幼児との)生活と並行しながら無理なく勉強できるというカリキュラムだったことで選びました。
いろんな先生の講義が聴けるというところにも、魅力を感じました。

実際にUTLに通ってみてどうでしたか?

週に一回の講義のあと、その内容について復習したり勉強したりする時間が週6日間あったのでTTを受けている期間は特に充実した日々でした。
全てが、普段の生活にも通じるものがあったので、日々の生活にも発見が多くて楽しかったのを覚えています。

レギュラークラスではいろいろな先生の多種多様なクラスが用意されていて、予習復習も兼ねられるいろんな学びがそこにもあって楽しかったです。

UTLで学んで良かったことは?

特に、TTの仲間は職業も年齢も住んでいるところもバラバラ。個性的でとっても素敵な人が多いと思いました。卒業して時間は経っていますがTTの同期とは仲良しです。

どの先生も温かくて、いつも 「へぇ~(なるほど~)」「ほぉ~(それはすごい)」「はぁ~(そうだったのか!)」の連続で勉強になります。

特に印象に残っているのは、ヒロシ先生の「プラーナヤーマと瞑想の講義」。
色んな呼吸法を分かりやすく、しかも独特の世界観で講義してくださって面白かったです。

山田梨香

現在の活動を教えてください。

NY・シカゴで学んだマクロビオティック・アロマテラピーを元に、季節にあった生活や「口にするもの」や「接するもの」に関心があり、日々研究中。

オフィスワーカーの身体と心作り、
妊娠前、妊娠中、産後の身体と心作りなど
自分が経験した「いいこと・おすすめなこと」を周りの人とシェアしていけたらいいなと思っています。

役にたったテキスト、書籍について教えてください。

「バガバッドギータ」
読みやすいし、生きるヒントがたくさんつまった本だと思いました。
読むときの気分で如何様にも読めるのも、楽しい!

UTLで好きな先生はいますか?またUTL以外で好きな先生はいますか?

どの先生も、好きです。
クラスはもちろん、近藤真由美先生やカオリ先生にユキ先生、タカコ先生。 マナ先生にヒロ先生、会えばこちらが元気になる方ばかり。
同じ女性としても格好良くて、ヨガ以外でも学びがあります。

ゆりえ先生の夜のレギュラークラスで、アーサナをとっているときの先生のガイドが心と身体にぴたりとはまり、「目からうろこ」で帰ったのを覚えています。

最後にぜひ読者へのメッセージをお願いします。

頑張り過ぎなくても、身体の調子がよくなったり、はたまたヒップアップしたり、心が穏やかになったり。
ヨガって素敵。
楽しい時間を皆さんとシェアできたらとっても嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

山田梨香プロフィール

TT2-49期卒業/月経血コントロールヨガTT修了

福岡出身。幼少の頃からクラシックバレエを習い、自分の体で何かを表現する楽しさを覚える。

大学卒業後、地元・福岡のフジテレビ系列の放送局「テレビ西日本」に入社。
アナウンサーとして、今度は自分の言葉と声で伝える・表現するという仕事を7年半務める。結婚を機に退職。

ジュネーブで世界の広さと自然の力の偉大さに気づき、NYで食の大事さやマクロビオティックとヨガに目覚める。
シカゴで第一子を出産。妊娠・出産・子育てに関してアメリカと日本の考え方の違いに驚きつつ、地球の未来を考えることの大事さを痛感する日々を送り、帰国。

日本の子育て事情の不便さを味わい、そんな中、ヨガのTTを受け、現在東京で「自分の力を信じる」食事や生活を研究しながら、ゆる菜食生活とヨガ生活を送る日々。2児の母。

 

PAGE TOP
PAGE TOP