ヨガ > ヨガインストラクター養成 > UTL卒業生インタビュー > UTL卒業生インタビュー VOL.43 松本康次さん

ヨガを始めたきっかけを教えてください。

以前からヨガに興味がありましたが、身近にヨガスタジオがありませんでした。
大阪から東京に職場を変え、その職場の近くにスタジオ(IYC荻窪)があったためヨガを始めることになりました。
また、理学療法士として働き始め患者と接する中で、薬や手術による治療に疑問を抱くようになり、自然治癒力を高めることに興味を持ったのも始めたきっかけです。

ヨガインストラクター養成コースを受講した理由を教えてください。

「予防医学」を掲げている中村尚人先生の考えに感銘を受け、タクトエイトに相談しにいったところアライアンス取得を勧められたため、TT受講を決めました。

UTLを選んだ理由は?

自宅から近く、週末を利用して仕事を休まず通えたため、UTLを選びました。

実際にUTLに通ってみてどうでしたか?

様々な流派の先生から指導してもらえるのでバランス良く学べたと感じました。

UTLで学んで良かったことは?

ヒカル先生のヨガ哲学の講義が強く印象に残っています。
ヤマ・ニヤマを学んだことでアーサナの練習に対する向き合い方から日々の生活習慣まで、ヨガが単なるエクササイズから生き方に変化しました。

また、沢山の仲間が出来たこともよかったです。
特にTT1からTT3まで一緒に学んだ保坂君との出会いは同じ年で理学療法士ということもあり、いつも良い刺激をもらえています。

現在の活動を教えてください。

まだ自分自身の練習を深めていきたいという気持ちが強く、指導やクラスはおこなっていません。
今後、教えたい・伝えたいと思えるようになったら活動の場を設けていきたいと考えています。

UTLで好きな先生はいますか?またUTL以外で好きな先生はいますか?

好きというよりも尊敬出来る先生は沢山います。
UTLの先生では毎朝指導して頂いているクランティ先生やヒロ先生です。
UTL以外ではIYCのケイコ先生、しょうご先生、もも先生、ユミコ先生、ロータス8のアヤ先生です。
また、尚人先生は理学療法士、ヨガインストラクターとして憧れの存在です。

最後にぜひ読者へのメッセージをお願いします。

日本ではまだまだヨガは女性のイメージが強いですが、是非男性でもヨガに挑戦してもらいたいです。
本来男性の行うものですし、興味のある方は勇気を出して一度クラスに参加してほしいです!

松本康次プロフィール

東京都八王子市生まれ。
4歳から習い始めた水泳と高尾という自然豊かな町の中で木登り、ターザン、缶蹴り、鬼ごっこなどで遊ぶ中で身体の基礎を作る。 中学・高校ではラグビー部に所属し、心身共に鍛えられる。
18歳から2年間介護・福祉の勉強後、20歳から理学療法士の専門学校に入学し2008年に免許を取得。

卒業後は徒手療法技術を身につけるため、大阪のクリニックで働き始める。
4年間の勤務後は東京に戻り、訪問看護ステーションに勤務し、練馬区・杉並区をバイクで走り回り、高齢者の身体と向き合う。

ヨガは東京に戻った2012年からIYC荻窪にて練習を開始する。
現在はUTLのマイソールクラスでクランティ師の下、2ndシリーズを練習中。

PAGE TOP
PAGE TOP