ヨガ > ヨガインストラクター養成 > UTL卒業生インタビュー > UTL卒業生インタビュー VOL.27 福元久美子さん
福元久美子

ヨガを始めたきっかけを教えてください。

デスクワークが多くずっと鬼のような肩こりでした。またマネジメントや数値達成といった業務プレッシャーからか体質・体調の変化を感じていました。スポーツジムのスタジオメニューを手始めにあれこれ試す中でヨガが自分に一番しっくりきました。あと、もともとはビートルズ経由でヨガを知り、その手の本を読み漁ったややこしい思春期時代がありまして(笑)。なのでエクササイズ的なことに加えて、「それ以上のヨガの何か」をも知りたくて本格的に始めました。

UTLを選んだ理由は?

いろいろなスタイルのヨガを網羅的に提供しているスタジオを探していた時に、知人にUTLを紹介されました。

UTLのTTを選んだ理由は

最初はUTLの生徒さんのレベルの高さに圧倒されました。アーサナの完成度やスタミナ、それから更衣室で聞こえてくる会話(笑)。「ほにゃほにゃーさなはホニャララ筋がなんたらかんたらで・・・」ってもうなんの話ですか?と(笑)。
なんかすごいなぁ、私ももっとヨガを知りたいなぁ、と刺激を受けました。
またそれまでのヨガの練習で肩と膝をケガしていたため、アーサナをきちんと正しくできるようになりたいと思っていました。さらにヨガの歴史的背景や哲学、呼吸法といったことも網羅的に知りたい思いが強くなり、だったらティーチャートレーニングを受けたらイイんじゃないか?!と。
WEBで他のスタジオのトレーニングとも比較しましたが、UTLのカリキュラムが最も総合的だと判断しました。立地もマルだし、会社勤めの私にとって土日開講であることや6つのモジュールになっていることも調整がしやすく決め手となりました。

実際にUTLに通ってみてどうでしたか?

講座が細かく分かれていることで、「頑張る→お疲れさま→復習→次の講座はじまる→また頑張る→」といったサイクルを短くまわせて、自分の成長や達成感、充実感をこまめに感じられて良かったです。多くの人と同じように私にとっても初めてのティーチャートレーニングだったので、いっきに長い階段を駆け上がるよりも、短い階段を少しずつ上って踊り場ごとに「自分グッジョブ!」とリフレッシュできたことは、その後のモチベーションコントロールに良い影響があったと思います。

福元久美子

UTLで好きな先生はいますか?またUTL以外で好きな先生はいますか?

「ヨガが大好きで楽しくてたまらない!」という喜びに溢れた、小柄だけど(笑)エネルギッシュな奥野恵子先生です。常に熱心に学んでいる姿が見てとれて、歩みをとめない姿勢や謙虚さをとても尊敬しています。また近藤まゆみ先生のバランス感覚が好きです。長く練習をされ豊かな経験と知識を持ちながら、同時に客観性や論理性も併せ持ったクールでフラットな感覚はぜひ見習いたいと思っています。それから久保玲子先生の明るさ、朗らかさ、人の心を開き和ませる魅力に憧れます。

現在の活動を教えてください。

自ら主宰して不定期でクラスを実施していて、場所は主に中楯めぐみさんの「ヨガまる(高円寺)」をお借りしお世話になっています。最初は同僚や知り合いを中心に、最近は少しずつ「はじめまして」の生徒さんも来てくださるようになりました。またお蔭様で代行の機会も少しずつ頂くようになり、お声がかかればどこにでも馳せ参じております。今後は療法現場での経験を積むことと、ビジネスパーソン向けヨガの充実に貢献できればと考えています。

◆中楯めぐみ
http://www.underthelight.jp/training/interview_nakadatemegumi.html

◆ヨガまる
http://www.yogamaru.net/

最後にぜひ読者へのメッセージをお願いします。

このコンテンツをご覧になっている皆さんは、UTLで受けるかどうかは別としても、TTを受けることに興味がある方々だろうと思います。ヨガは素晴らしい、もっと知りたい学びたい、いつかは教えてみたい・・・だけどUTLのTTはナニがいいの?卒業生はどんな活躍をしてるの?あたりが気になっているポイントでしょうか。いろんな方のインタビューが載っているので参考となるタネが見つかるといいですね。

私自身は35歳を過ぎて、会社員をしながらトレーニングを受けました。「指導者になるのだ」という強い意志も当時は特になかったので、「趣味にしてはやり過ぎ」と周囲にからかわれたこともありました(笑)。そしてTT修了から2年経った今も変わらず会社員を続け、変わらずマイペースでヨガを楽しんでいます。そんなふうな活躍です(笑)。

そういった「外から人に見える活動」とは別に、トレーニングで得た知識や経験は、いろんな気付きとなって私に良い効果をもたらしました。マットの上でも、接待や商談や会議でも(笑)。TTはやがて終わり、私も皆さんもそれぞれの持ち場(家庭、学校、会社)に戻り、あたりまえでありがたい日常を送るわけですが、すぐに思い描いていたような具体的な活動に移せなくても、なんだかヨガの密度が薄くなった気がしても、ヨガどころじゃない状況が訪れても、少しヨガに飽きてみても、すべて別に問題はないと私は気付きました。

もともと目的思考で成果主義の私がこういった考え方ができるようになったことは、大きな成長だと感じています。「外から人には見えない」TT後のヨガの活躍っぷりはこんな感じ(笑)。
とはいえ大金と時間を投じるわけですし、どうぞ納得いくまで検討してください。身近な方の協力や理解が得られることも、トレーニングを行う上では大切な要素だと思います。善きタイミングが訪れといいですね。

福元久美子プロフィール

otafukuyoga主宰/会社員/UNDER THE LIGHT ヨガスクール公認ティーチャー(RYT200)/スワミ・ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団(日本ヨーガ療法学会)認定インストラクター/現在ヨーガ療法士(YTIC)受講中/UNDER THE LIGHT ヨガスクール及びSun&Moonリストラティブヨガティーチャートレーニング修了/Yoga-Koru陰ヨガティーチャートレーニング修了/リサ・ウォーフォードInjury management TT修了

otafukuyoga
otafukuyoga

otafkuyoga

otafukuyogahttp://otafukuyoga.com/schedule/

otafukuyogaでは体の感覚と呼吸に意識を注ぎ、内省を深め心身の調子を整えていきます。テーマに沿って体を動かし、ひとつのアーサナが次のアーサナへの準備となるようリンクした練習を行うため無理なくポーズが取れていきます。また参加者の体調や状況に応じてテーマは変更され、プロップスやペアワーク等も取り入れた臨機応変なクラスを行っています。

PAGE TOP
PAGE TOP