ヨガ > 【RYT500対象講座】5/7(月)8(火) レイ・ロング医学博士/ヨガ実践者・指導者のための解剖学・生体力学・生理学 10時間コース

【RYT500対象講座】5/7(月)8(火) レイ・ロング医学博士/ヨガ実践者・指導者のための解剖学・生体力学・生理学 10時間コース

*レイ・ロング医学博士の希望により開催時間に変更がございます。
ご確認の上、お申込みください。(4/26更新)


タイトル/Title

【RYT500対象講座】レイ・ロング医学博士
5/7(月)8(火) ヨガ実践者・指導者のための解剖学・生体力学・生理学 10時間コース

*コース受講者には、10時間の修了証が発行されます。選択講座としてカウント。
*日本語通訳付き

Ray Long, MD FRCSC / Anatomy, Biomechanics and Physiology for Yoga Practitioners and Teachers

申込み


日時/Dates

2018年5月7日(月)、8日(火) 10:15-16:15
(昼休憩:13:15-14:15)
10:15- 16:15, May 7 and 8, 2018 (lunch break 13:15-14:15)
*レイ・ロング医学博士の希望により開催時間に変更がございます。
スタート時間を早めランチタイムを短縮したことで、終了時間が45分早まります。
受付:9:45から開始。
ご確認の上、お申込みください。(4/26更新)



内容/Discription



アサナ・プラーナーヤーマの実践・指導レベルを新たなレベルに引き上げたくありませんか?
世界的に著名なレイ・ロング医学博士の2日間のトレーニングに参加しましょう。

トレーニングでは以下のことを学びます;

1) 解剖学・生体力学の原理を利用し、自身のシークエンスを開発するために、アサナを分析する。
2) 実践・指導のための、解剖学に基づいた指示出し(cue)を開発する。
3) 安全な実践・指導のために、関節の生理学の原理を理解する。
4) プラーナーヤーマと呼吸の実践を深め、新しく深い体験をする。
5) 最先端のストレッチング技術を利用し、関節の生理学への理解と組み合わせることにより、安全にアサナを実践する。
6) その他


1日目:
午前のセッション:気功の呼吸法と短い瞑想から始めます。午前のセッションでは、次の基礎テーマを扱います。

1) 関節の可動性と安定性の決定要因
2) 筋肉・腱・靭帯の構造ならびに機能
3) 最新のストレッチ技術
4) プラーナーヤーマに応用できる呼吸の生体力学・解剖学
5) アサナに応用できる安全な動きの原理
6) 腰・膝の焦点
7) ポーズ分析
8) 腸腰筋が目覚めた状態(psoas awakening)での立位のポーズ
9) 午前のセッションのまとめ

午後のセッション:午前のセッションに関する簡単な質疑応答から始めます。午前のセッションの基本的な考え方を復習し、さらに深めます。次に、その基礎を以下の項目に応用します。

1) 座位での瞑想
2) プラーナーヤーマ(viloma)
3) 骨盤・腰部・胸椎の焦点
4) 前屈・ツイストからなるクラスでの解剖学的シーケンスにおけるポーズ分析。
5) 午後のセッションのまとめ。


2日目:
午前のセッション:気功の呼吸法と短い瞑想から始めます。呼吸と瞑想の間、1日目の技術を応用し、呼吸と瞑想に磨きをかけます。午前のセッションでは、新しく深い層をなす、以下の基礎テーマを扱います。

1) 肩・肘・手首の焦点
2) 後屈とアームバランスからなるクラスでの解剖学的シークエンスにおけるポーズ分析
3) 午前のセッションのまとめ

午後のセッション:午前のセッションに関する質問についての簡単な質疑応答から始めます。午前のセッションの基本的な考え方を復習し、さらに深めます。次に、その基礎を以下の項目に応用します。

1) これまでの全題材についての質疑応答。
2) 頸椎(肩と頸椎以外の脊柱部分と繋がっている)への焦点
3) 逆転のポーズ(ヘッドスタンドとショルダースタンドを含む)での解剖学的シークセンスにおけるポーズ分析
4) まとめ



Want to bring your asana and pranayama practice and teaching to a new level? Then you will want to attend this is a two day workshop with world renowned expert Ray Long, MD.

Your will learn to:

1) analyze asanas to develop your own sequencing using anatomic and biomechanical principles;
2) develop your own anatomically based cues for practice and teaching; 3) understand the principles of joint physiology in order to practice and teach safely;
4) refine your pranayama and breathing practice and attain new and deeper experiences.
5) use the most advanced stretching techniques available and combine them with your understanding of your joint physiology to safely work in asanas
6) and much more…


Day 1:

Morning session: We will begin with Qi Gong breathing techniques and a short meditation. The morning session will then cover the following fundamental subjects:

1) determinants of joint mobility and stability;
2) muscle, tendon and ligament structure and function;
3) state of the art stretching techniques
4) breathing biomechanics and anatomy with application in pranayama;
5) principles of safe movement that you can apply to any asana;
6) the hip and knee in focus;
7) pose analysis;
8) the standing poses with the psoas awakening series;
9) conclusion of morning session.


Afternoon session: We will begin with a brief Q and A to cover any questions from the morning session. Then we will review and deepen the fundamental concepts from the morning session. Next we will apply the fundamentals to:

1) seated meditation;
2) pranayama (viloma);
3) the pelvis and lumbar and thoracic spine in focus;
4) pose analysis with anatomic sequencing of a unique class comprised of forward bends and twists;
5) conclusion of afternoon session.


Day 2:

Morning session: We will begin with Qi Gong breathing techniques and a short meditation. During the breathing and meditation, we will apply the techniques from day 1 to refine breathing and meditation. The morning session will then cover the following fundamental subjects with a new layer of depth for:

1) the shoulder, elbow and wrist in focus;
2) pose analysis with anatomic sequencing of a unique class (with cues) comprised of backbends and arm balances;
3) conclusion of morning session.

Afternoon session: We will begin with a brief Q and A to cover any questions from the morning session. Then we will review and deepen the fundamental concepts from the morning session. Next we will apply the fundamentals to:

1) Q and A of all material for the previous sessions;
2) the cervical spine in focus, with its linked relationship to the shoulders and the rest of the spine;
3) pose analysis with anatomic sequencing for inversions including headstand and shoulder stand (with anatomic cues);
4) conclusion.



価格/Tuition


25,000円(税込)
25,000 yen

*受講料はお振込でお願いいたします。当日現金払いの場合は+500円をお支払いいただきます。
*UTLコミュニティメンバーにご登録でない場合は、別途登録料1,000円が必要になります。
メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。


注意事項/Notes


推奨読書:「図解YOGAアナトミー 筋骨格編」「図解YOGAアナトミー 実践編」。予めこれらの本を読んでおくと、ワークショップの理解が深まります。

Recommended reading: The Key Muscles of Yoga and The Mat Companion Series books 1-4. You will gain much more from this workshop if you take the time to look at these books in advance.


「図解 YOGAアナトミー(筋骨格編)」
(レイ・ロング著、中村 尚人 監訳、YOGA BOOKS)3,675円



「図解YOGAアナトミー:実践編 - アームバランスと逆転」
(レイ・ロング著、中村 尚人 監訳、YOGA BOOKS)3,780円


場所/Venue


アンダーザライト ヨガスクール

Under The Light Yoga School


講師





レイ・ロング医学博士 Dr. Ray Long

レイ・ロング医学博士はカナダ王立内科外科医師会(FRCSC)登録の整形外科医です。スポーツ医学、関節再建、肩・肘の手術、心理的外傷(トラウマ)における高度な専門トレーニングも受けています。ロング博士は、インド・プーネでB.K.S.アイアンガー氏の元、広範で集中的な研究を行うなど、ヨガの研究を35年行っています。
ロング博士は、西洋の科学とヨガを組み合わせた6冊の本の著者です。彼の本は(日本語を含む)10カ国語に翻訳され、世界的ベストセラーになっています。
ロング博士ほど、ヨガの分野に幅広い科学知識と現実的な臨床経験をもたらした人は他にいません。

Ray Long,MD FRCSC is a board certified, practicing orthopedic surgeon. He has specialty training at the highest level in Sports Medicine, Joint Reconstruction, Shoulder and Elbow surgery and trauma.
Ray had studied yoga for over 35 years, including extended and intensive study directly with BKS Iyengar in Pune, India.
Dr. Long is the author of six books on combining Western science with yoga. His books are international best-sellers translated into 10 languages (including Japanese!)
Nobody else in the world brings the breadth of scientific knowledge and real life clinical experience to the field of yoga that Dr. Long brings.



【RYT500対象講座】5/12.13(土日)相方宏 / 伝統的ヨーガの理論と技術 アーサナ→プラーナーヤーマ→メディテーションへのシームレスな実習の確立に向けて ← 【RYT500対象講座】【出版記念ws】5/6(日)ヴィンヤサフローと立位(仮題)出版記念ワークショップ ‐立位のポーズのための解剖学とバイオメカニクス(生体力学) → 【RYT500対象講座】5/20(日),6/3(日) 野村賢吾/ヴィンヤサシークエンス作り2日間基礎講座
PAGE TOP

最近のエントリー

検索