ヨガ > ヨガ教室の最新情報 > 【RYT500講座】ヨーガスートラから学ぶアシュタンガヨーガ 〜4ヶ月集中コース/9〜12月 yama〜

【RYT500講座】全4回9/25,10/30,11/27,12/11渡部直子/ヨーガスートラから学ぶアシュタンガヨーガ 〜4ヶ月集中コース/9〜12月 yama〜


タイトル/Title

【RYT500対象講座】【全4回 9/25,10/30,11/27,12/11】渡部直子/ヨーガスートラから学ぶアシュタンガヨーガ 〜4ヶ月集中コース/9〜12月 yama〜

*コース受講者には、12時間の修了書が発行されます。
(RYT500哲学スタンプ 9個対象:修了証と引き換え )
*連続講座のため、単発受講はできません。




申込み





コース内容/Description

ヨーガスートラの説くアシュタンガヨーガとは、様々な側面から構成されている「わたし」を全体的に整えていく8つ(アシュタ)の柱(アンガ)のこと。 日常生活の過ごし方、身体、呼吸、精神面に至るまで包括的にアプローチしていく方法を説いています。

その8つが何を指し示しているかを理解すること、
そして、何より大事なのは、その8つの柱をどうあなたに合わせたバランスで実践していくかを見きわめること。
あなたに合ったあなただけの道を見つける。
これにより世界にたった一つのいのちのあり方が輝きだすのです。

「ここにすでにあるものを、ただ観る」

このコースでは、新しく難しい教えを学ぶのではなく、自分の中にある答えを見つけるための手がかりとして経典を使っていきます。
わからくなってしまったり、迷ってしまったり、こんがらがってしまっているものを元に戻すために、自分に必要な時間とスペースを与え、必要な問いを投げかけるだけ。

智慧を学び、それを使って「わたし」を解放する。
今の自分にとって何が大切なのか、を自分の中から自分の言葉で見つけていきましょう。

食べ物が私たちを支える栄養になるのと同じように、学びをゆっくり咀嚼して、じっくり吸収していく、そんな心の成長のための時間です。

9月からは、yama「人との関わり合いにおいて意識すること」を見ていきます。


第一回 9/25 10:20-13:40 ahiṁsā「傷つけない」

第二回 10/30 10:20-13:40 satya「真実を生きる」

第三回 11/27 10:20-13:40 asteya&aparigrahā「盗まない &必要以上に自分の物にしない」

第四回 12/11 10:20-13:40 brahmacarya「真実に至るための関係を選ぶ」

*連続講座のため、単発受講はできません。


日程/Dates

全4回

2017年9/25,10/30, 11/27, 12/11(月)
10:20-13:40 ※間20分の休憩あり


受講代/Tuition

21,000円(税込)

*受講料はお振込みください。
当日現金でのお支払いの場合は、受講料に500円を追加してお支払いただきます。
*メンバーでない方は、メンバー登録(1,000円)が別途必要です。
メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。


場所/Location

アンダーザライトヨガスクール


定員/Capacity

24名 


講師



渡部 直子

Retreat Space Noah’s Ark主宰
ヨーガ・スートラ指導者
クリシュナマチャリア・ヒーリング&ヨーガ ファンデーション認定正式指導者
サンフランシスコ州立大学演劇科卒

サンフランシスコ州立大学にて演劇を専攻、パントマイムを通して身体表現を学ぶ。留学時、原因不明の腰痛に見舞われたことが自分のからだと向き合うきっかけとなり、ヨーガに出逢う。

2003年、日本人として初めて全米ヨガアライアンス認定指導資格を取得する。

様々なバッググラウンドを持つ生徒さんに同じポーズを教える毎日に疑問を抱き、その答えを探すため「近代ヨーガの父」クリシュナマチャリヤ師の教えを学びに渡印。そこでヨーガスートラと出逢う。その衝撃は計り知れず、以来クリシュナマチャリアの子息TKV.Desikachar、実孫Kausthub Desikachar、義娘Menaka Desikacharを師とし、渡印を重ね学び続けている。

帰国後はヨーガスートラ・マントラ指導者としてSHIZENヨガスタジオ、UNDER THE LIGHT等都内に留まらず多数のヨガスタジオにてクラスやワークショップ、ティーチャートレーニングを担当。

ヨーガの座学では他に類を見ない笑いあり、涙あり、踊りも歌も何でもアリ!の彼女のクラスは「ヨガとは、心のあり方」をモットーにひとりひとりの心に寄り添うスタイルが特徴。
数千年前から受け継がれている伝統的なヨガの教えを、ふんだんなユーモアセンスとわかりやすい日常からの例題で紐解くことに定評を得ている。

実生活では、震災時に東京で食糧がなくなる状況を目の当たりにしたことをきっかけに「自分の食べるものを自分で作ってみたい、今生きている地球のこと、自然のことをもっと知りたい!」という想いから、東京から山梨県小淵沢に移住。あたらしい環境に身を置き、自然農を学び始める。

自然と共に生きる日々の中で、豊かな暮らしとは何か、その答えを見つける。

また、2013年からは自らの主宰するリトリートスペースNoah's Arkにて、ヨーガやマントラ、ヒーリングなど幅広いジャンルのリトリートを定期的に開催。

この小淵沢の地、八ヶ岳と南アルプスの山々に自らが救われ、育まれてきたように、多くの人が自然と触れ合うことで自分を取り戻す時間を提供している。





PAGE TOP

最近のエントリー

検索