ヨガ > ヨガ教室の最新情報 > 11/1(金)2(土)3(日)リサ・ウォルフォード/アーサナワークショップ&ヨガ・ティーチャーのための怪我の対処法(14時間)

11/1(金)2(土)3(日)リサ・ウォルフォード/アーサナワークショップ&ヨガ・ティーチャーのための怪我の対処法(14時間)

申込み方法

(1)リサ・ウォルフォードワークショップ 「アーサナに活力、スタミナ、静寂をもたらす呼吸の使い方」


(2)【RYT500講座】リサ・ウォルフォードによる ヨガ・ティーチャーのための怪我の対処法 14時間コース 


Scroll down for English.

世界各地にあるヨガワークス(YogaWorks)で教員養成プログラムのカリキュラムおよびプログラム開発担当ディレクターを務める、リサ・ウォルフォードのワークショップです。


タイトル


(1)リサ・ウォルフォードワークショップ 「アーサナに活力、スタミナ、静寂をもたらす呼吸の使い方」
(2)【RYT500講座】リサ・ウォルフォードによる ヨガ・ティーチャーのための怪我の対処法 14時間コース 



日時


(1)11/1 (金) 19:00-21:30
(2)11/2 (土)-11/3 (日) 9:00-17:30 (休憩11:30-13:00)


内容

(1)リサ・ウォルフォードワークショップ 「アーサナに活力、スタミナ、静寂をもたらす呼吸の使い方」

呼吸は、ポーズをとるための助けになります。呼吸はスタミナを作り出し、ポーズに深く入っていくサポートになり、マインドと心と身体の持つエネルギーの質を洗練させてくれる精巧なツールなのです。

いろいろな種類の呼吸法を使い、身体のさまざまな部位にいつもと違ったパターンを用いて呼吸を送り込みながら、今の自分のプラクティスにはまだ未知の領域があることを発見しましょう。

まずリサのインストラクションに従ってポーズに揺るぎのない土台を築きます。そこから呼吸の助けとともに安定を確立し、自分の活力を高め、特殊な呼吸パターンを使ってアーサナを軽くし、ツイストを深めて行きます。

このワークショップは、立位のポーズ、後方に伸展するポーズ、ツイストのポーズを必ず気持ちよく行えるようにしてくれるでしょう。

The breath can be an exquisite tool to help you get into a pose, to build stamina and go deeper while in a pose, and to refine the energetic qualities of the mind, heart and body. Different kinds of breath, focusing the breath into different areas and using different breathing patterns will reveal a new horizon to your practice.

Join Lisa as she instructs you to feel a firm foundation and stabilize a pose with the help of the breath, to enhance vitality and lighten asanas with particular breathing patterns, and to deepen twists. This promises to be an exhilarating workshop with standing, backward extension poses and twists.

(2)【RYT500講座】リサ・ウォルフォードによる ヨガ・ティーチャーのための怪我の対処法 14時間コース

 ヨガのクラスでは、ケガや身体の痛みをすでに抱えている生徒さんを非常に多く見かけます。このワークショップは一般的に多く見られるような、基本的な怪我の扱い方の理解を深める役に立つでしょう。

多くの場合、基本的なモディフィケーション(修正したポーズ)がよく使われますが、それに代わる方法がより好ましい場合もあるのです。生徒が習慣的にとってしまっている姿勢を評価して、安全な形に導くためには、生徒との信頼関係を築く事が非常に重要です。

このワークショップでは、アーサナの修正形、アジャストメント、安定性を築くためのプロップの使い方の理解、安全な練習とケガの改善を確保するために、可動性について、十分なスペースのとりかたなどを学びます。

11/2 (土) スケジュールと内容 (膝、股関節、腰にフォーカス)

  9:00 - 9:30   イントロ(始める前の解説), 専門用語について
  9:30 - 11:30  2 時間のプラクティス
 11:30 - 13:00  お昼休憩
 13:00 - 14:00  足、膝、股関節、腰を見た時の評価の仕方
 14:00 - 15:00  脊柱:支え、受け身(スペースがアル状態)状態をつくる
 15:00 – 17:00 立位と座位の動的な動き。抵抗する力、反力の使い方(動的/安定性)のバリエーションとその修正形
 17:00 - 17:30  休息と回復。リストラティブの重要性と妥当性について

11/3 (日) スケジュールと内容 (肩と首にフォーカス)

9:00 – 10:30 プラクティス
 10:30 – 11:30 評価の仕方, タダーサナ, アドームカシュヴァーナーサナ
 11:30 – 13:00 休憩
 13:00 – 13:30  肩と首の機能的な解剖学の復習
 13:30 – 14:00 肩と首のシークエンスの復習
 14:00 – 15:00 立位のポーズにおける肩と首の怪我の対処法
 15:00 – 17:00 支え、受け身(スペースがある状態)の状態をつくる。動的なうごき、反力の使い方(動的/安定性)のバリエーションとその修正形
 17:00 – 17:30  質疑応答

Schedule, subject to change
11/2 Saturday 9:00 – 11:30 & 13:00 – 17:30
11/3 Sunday 9:00 – 11:30 & 13:00 – 17:30

Description:
All yoga teachers have students who practice with injuries, or who come to class with aches and pains. This workshop will help you understand how to address basic injuries that are common to many students.

Modifications of basic poses will often help, but alternatives are sometimes preferable. It is important to establish a trusting relationship with a student, to assess their postural habits and to instruct safely.

We will study the use of asana modifications, adjustments and props to understand how to enable stability, mobility or space to insure a safe practice and heal injuries.

Saturday Schedule (Knees, Hips & Low Back):
• 9:00 - 9:30 Introductions, review of terms and vocabulary
• 9:30 - 11:30 2 hour practice
• 11:30 - 13:00 Lunch break
• 13:00 - 14:00 Assessment process, feet, knees, hips, back
• 14:00 - 15:00 Supine: supported & passive based (space)
• 15:00 – 17:00 Standing & seated: dynamic & resistance based (mobility/stability) variations, modifications
• 17:00 - 17:30 Rest and renew, importance-relevance of restoratives

Sunday Schedule (Shoulders and Neck):
• 9:00 – 10:30: practice
• 10:30 – 11:30 Assessment process, Tadasana, Adho Mukha Svanasana
• 11:30 – 13:00 Break
• 13:00 – 13:30: Functional anatomy review on shoulders/neck
• 13:30 – 14:00 Review sequence for shoulder/neck
• 14:00 – 15:00 Addressing shoulder/neck injuries in standing poses
• 15:00 – 17:00 Supported & passive based (space); dynamic & resistance based (mobility/stability) variations, modifications
• 17:30 – 17:30: Q & A


価格

(1)5,500円 (2)35,000円 * メンバーでない方は、メンバー登録(1,000円)が別途必要です。 メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。




場所


アンダーザライト ヨガスクール
アンダーザライト ヨガスクール4Fに10分前集合して下さい。


講師

Lisa Walford (リサ・ウォルフォード)
プネでアイアンガーの一門によって受け継がれている伝統を専門として、教えています。アイアンガーの伝統の元、インターミーディエット・シニア・ティーチングの証書を持ち、1982年よりロサンゼルスでヨガを教えています。ナショナル・アイアンガーヨガ・コンベンションの教員であり現在もなお、毎年アイアンガー一族の元で学びを続けています。

リサは世界各地にあるヨガワークス(YogaWorks)にて教員養成プログラムのカリキュラムおよびプログラム開発担当ディレクターである一方、ヨガアライアンス500時間プログラムコースを多数担当し、教鞭を取っています。アメリカヨガジャーナルにおいての執筆者であり、栄養学について共著した様々な本も出版されています。

Lisa Walford, teaches exclusively in the Iyengar tradition as taught by the Iyengar family in Pune, India. She holds an intermediate senior Iyengar teaching certificate and has been teaching yoga in Los Angeles since 1982. She was on the faculty of several National Iyengar Yoga Conventions and continues her studies annually with the Iyengars. Over the years she has been a central figure in the Yoga Works Teacher Training Course, and continues to teach many of the courses in their 500 hour program. She writes for the Yoga Journal and has co-authored several books on nutrition.

9/13(金)-16(祝)/Simon Low(サイモン・ロウ)/リストラティブな陰ヨガワークショップ&ヨガアカデミー3日間集中コース ← 11/1(金)2(土)3(日)リサ・ウォルフォード/アーサナワークショップ&ヨガ・ティーチャーのための怪我の対処法(14時間) → 【RYT500講座】Nao(渡部直子)/発見する哲学(全3回) 10/19(土)開講
PAGE TOP